Wi-Fiの選び方

以前までWi-Fiと言えばパソコンとセットで契約するサービスが多く出回っていました。またWi-Fi回線自体も不安定である事が多く、容量の大きいデータのやり取りには有線を利用する事例もありました。しかし最近ではWi-Fi環境も整い、またスマートフォンや家電製品などパソコン以外にもインターネットに接続する機器が増え、家庭内でWi-Fiを利用する事が一般的になっています。それに伴いWi-Fiサービスも増えてきました。しかしWi-Fiサービスが増えたゆえにどれを選ぶべきか分からない、また豊富なプランからどれと契約するべきか分からないと悩む人も増えています。Wi-Fiサービス競争の激化に伴い、数年単位で継続する事を前提とした契約も増え、使用開始後に別の契約へ変更したくても違約金が発生するためできないというトラブルや悩みもふえました。

Wi-Fiとは

Wi-FiそもそもWi-Fi(ワイファイ)とは、ケーブルなしでもインターネットに接続できる方式です。従来の有線タイプだと接続できる機器の数や設置場所に制限がありました。しかしWi-Fiなら家の中なら場所を選ばずにインターネットに接続できます。また最近はパソコンやスマートフォンはもちろん、家電製品やゲーム機器などもインターネット接続の機能を持っています。有線の場合は機器に応じてケーブルが必要ですが、Wi-Fiならケーブルは不要です。これまでケーブルが届かなかった場所でもインターネットが楽しめますし、家の中の好きな場所へ移動してホームページ閲覧やゲームを楽しむ事ができます。家庭にWi-Fiを導入するためには、大前提としてインターネット回線が必要です。さらに無線を飛ばす事のできるWi-Fiルーターも必要です。Wi-Fiルーターはインターネット回線を契約した会社からレンタルする事もできますし、家電量販店やパソコンショップ、ネット通販などで購入する事も可能です。

Wi-FiとLTE/3Gの違い

Wi-Fiと合わせて取り上げられる通信方式にLTE/3Gがあります。LTE/3Gはスマートフォンや携帯電話用の通信網で、利用エリアが広く外出先でもインターネットに接続できる利便性があります。しかし通信速度は遅めで、多くの場合は契約時に通信制限をかけるため、一定量を超えた通信をするとその月は更に回線が遅くなるデメリットがあります。一方Wi-Fiは自宅のインターネット環境を利用した接続のためLTE/3Gと比べて高速である事がほとんどで、Wi-Fi通信を利用すればLTE/3Gの利用制限にはかかりません。

セキュリティ

無線接続であるWi-Fiだと電波の届く範囲なら接続が可能です。そのため家の外や建物が隣接している場合は隣の家でも回線へ接続する事ができます。セキュリティに不安を覚える人も多いかもしれません。しかしWi-Fi接続にはセキュリティ設定が可能です。セキュリティ設定する事で自分や自分の家族が所有する機器以外からはWi-Fi接続できなくなりますから、セキュリティへの心配も不要です。

機器の設置と選び方

Wi-Fiの電波はWi-Fiルーターを中心に球体状に電波が飛びます。そのためWi-Fiルーターの設置場所は家の中心が最も適しています。建物が二階建ての場合、二階の中心(床付近)に置けば平等に電波を行き渡らせる事ができるでしょう。しかし建物の作りによってはそれが難しい場合もあると思います。最近のWi-Fiルーターはアンテナ搭載モデルもあります。アンテナが搭載されたWi-Fiルーターならアンテナの角度を変える事で電波の向きを変える事ができます。アンテナの方向で電波の広がりを最適化させる事ができますから、Wi-Fiルーターを選ぶときはアンテナ搭載のものを選ぶのもおすすめです。しかしそれでも、建物の構造上家中にWi-Fi電波を行き渡らせる事が難しい時もあります。障害物などで特定の場所に電波が届かない障害が出る場合は、中継機を使う事でWi-Fi電波を届ける事が可能です。既存のWi-Fi環境のまま手軽にエリアを拡大できるのでおすすめです。また最近は一人一台のスマートフォンを保有する事も当たり前になっています。Wi-Fi電波を利用するシーンの多様化により、1台のWi-Fiルーターだけでは全ての電波を補えない事もあります。中継機はWi-Fi電波が届くエリアの拡大だけではなく、既存エリアを強化する事によってより安定した電波を作る事も可能です。電波は繋がるが動画を見ている最中でよく止まってしまうなど、電波に不安がある場合も中継機の利用がおすすめです。

モバイルWi-Fi

最近ではWi-Fi利用シーンの多様化の影響で持ち運びができるモバイルWi-Fiの存在も注目されています。旅行先や出張先、移動中でもインターネットを利用できる事が人気の理由です。またモバイルWi-Fiには工事が必要ありません。通常家庭でWi-Fi回線を使う場合は光回線工事などの工事が必要になります。それに伴い工事費も発生するのが一般的ですが、モバイルWi-Fiにはそれが不要です。モバイルWi-Fiは家でも外出先でも同じようにインターネットが使えるところが魅力です。平日は不在がちだったり出張が多い人には自宅内外問わずWi-Fiを利用できるモバイルWi-Fiがおすすめです。

まとめ

Wi-Fiとはケーブルなしでもインターネットに接続できる方式で、パソコンやスマートフォンだけではなくゲーム機器やタブレット、家電製品など様々な機器がインターネット接続機能を持っている現在では必須とも言えるものです。Wi-Fiはケーブル不要ですから家の中でも場所を選びませんし、複数の機器で同時にインターネットを使う事も可能です。家庭にWi-Fi回線を使うためにはWi-Fiルーターが必要です。Wi-Fi回線はルーターを中心に球体状に電波が飛ぶため、設置場所は家の中心が望ましいです。しかし建物の構造によっては中心への設置が難しかったり、どうしても電波の届きにくい場所が出てくるケースもあります。そんな時にはアンテナ搭載のWi-Fiルーターで電波の方向を変更したり、中継機を利用する事で家中へと電波を行き渡らせる事も可能です。また最近では外出先でもインターネット接続できるモバイルWi-Fiも人気です。

【参考リンク】モバイルWi-Fi利用:モバイルWi-Fi最安リサーチ!